FC2ブログ

水虫治療と対策で足キレイ

水虫体験談と水虫の治療にお悩みのアナタに、一刻も早く水虫が完治すべく薬や機器、情報などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爪水虫(爪白癬)の治療方法

水虫の中でも、治療が難しいとされる爪水虫(爪白癬)の治療は、個人で治療するのは、難しいと言われています。

ただし、爪水虫(爪白癬)が治らないということではありません。適切な爪水虫(爪白癬)の治療を行えば治るということは、知っておいてくださいね!
それではなぜ爪水虫(爪白癬)治療が難しいのか、説明していきたいと思います。



■ 爪水虫(爪白癬)の治療方法について

爪水虫(爪白癬)治療は、難しく根気のいる治療が必要です。

爪は硬く、白癬菌は奥深く潜んでいるので、市販の塗り薬やスプレーだけでは、爪の中に潜む爪水虫(爪白癬)までとどきません。

つまり塗り薬やスプレーでは、爪に浸透しにくく、爪水虫(爪白癬)まで有効成分が届かないため、効果が望めないといわれています。

そこで爪水虫(爪白癬)の一般的な治療方法としては、主にお医者さんが処方する飲み薬が使われます。



■ 飲み薬の爪水虫(爪白癬)治療期間

爪水虫(爪白癬)治療の飲み薬は、血流にのって爪まで運ばれ、身体の中から白癬菌に作用して死滅させる効果があります。

爪水虫(爪白癬)の治療薬の服用期間は、年齢や症状の度合いによって異なりますが、以下の継続期間が目安といわれています。

 手の爪:3~6ヶ月

 足の爪:6~10ヶ月

この期間は、新しい爪に生え替わり、爪の中に爪水虫(爪白癬)がいなくなるまでの期間の目安です。

全ての水虫に言えることですが、水虫治療は時間をかけてゆっくりと治っていく、根気が必要な治療です。

逆に根気強く、爪水虫(爪白癬)の治療を継続して続けていくと、ちゃんと治ってしまうのが、爪水虫(爪白癬)です。



■ 飲み薬の爪水虫(爪白癬)完治メカニズム

爪水虫(爪白癬)の場合、爪の中に住み着いているため、塗り薬やスプレー薬では直接、爪水虫(爪白癬)に作用することができません。

これに対し、飲み薬は、血液の流れに乗って、塗り薬では届かない、爪が作られる部分や爪の根元から直接作用するため、爪水虫(爪白癬)に効果的です。

さらに、飲み薬の利点として、血液に乗って全身に運ばれるため、爪水虫(爪白癬)だけでなく足の裏やその他、様々な白癬菌による症状に効果が望めます。

つまり、飲み薬を飲むことで爪水虫(爪白癬)だけでなく、足全体の水虫対策になってしまう。一石二鳥の治療方法です。



■ 爪水虫(爪白癬)の治療方法

皮膚の水虫のみの場合は、塗り薬で水虫を完治することが可能ですが、爪水虫(爪白癬)の場合は、爪が硬いため塗り薬が中に浸透しにくいため、基本的には内服薬(飲み薬)が必要になります。

内服薬は大きく2種類の用法があります。

1)連続して毎日1回1錠服用するタイプ

2)1週間毎日8カプセル内服して、3週間休むのを3回繰り返すパルス療法

分かりやすく言うと、一度にたくさん使って早く終わるのか、もしくは少しずつ長く継続して治療していくのか、この大きな違いは、1回にかかる薬代の金額が大きく異なります。

また、飲みあわせのある薬などもありますので、 皮膚科で受診し、専門家による説明を受けた上で自、分に合った治療法を選ぶことが、最善と思います。



■ 飲み薬の副作用

爪水虫(爪白癬)の飲み薬で一番気になるのが、薬の副作用ですね。

妊娠中の退治への影響

臓器機能への障害

併用できない薬がある

これらの内容により、個人個人にあった飲み薬の種類がありますので、十分に医師と相談の上、治療を進めていくことが大切です。

また、妊娠中の方など、飲み薬が使用できない場合もありますので、そんな場合の最善の治療策を相談するためにも専門医師への相談が不可欠となるでしょう。

 ≪ 爪水虫(爪白癬)の悩みと実態
 ≫ 爪水虫(爪白癬)を自力で治したいアナタに
 ▲『爪水虫(爪白癬)について』TOPへ

スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://orange706.blog106.fc2.com/tb.php/20-5f66c649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。